【岡崎市不動産コラム】こんなに差が出る…住宅ローンの失敗例 | 岡崎市不動産ステーションのパティーナ | 岡崎市 不動産 新築戸建て 中古戸建て 中古マンション

パティーナ株式会社
総物件数6262018-01-16 18:13:44更新
0120-97-6668
  • 引越しの豆知識
  • 引越しの諸手続き一覧
  • 不動産用語
  • ローンシミュレーション
  • 査定
  • スタッフ日記

お知らせ

【岡崎市不動産コラム】こんなに差が出る…住宅ローンの失敗例

いつもお世話になっております。
パティーナでは岡崎・豊田・安城など西三河で中古戸建て住宅・中古マンションなど不動産をお探しの方向けにお役立ち情報をコラムとして掲載しております。
今日のテーマは『こんなに差が出る…住宅ローンの失敗例』です。
来店予約キャンペーン


マイホームの購入は人生の中で最も高額な買い物の一つです。
それだけにちょっとした金利の差で総支払い額が大きく変わります。今回はマンションの購入を例に失敗しないポイントを説明します。

例えばAさんは、2006年7月にマンションを購入しました。契約時、物件は建築中で2007年4月に完成予定でした。住宅ローンは銀行から3,000万円を借り入れることにし、無事、審査承認も済み、全期間固定型2.8%でローンを組む予定で準備を行いました。
ところが、3月になって銀行とローン契約をして借り入れ手続きをすると、借入金利は3.8%になっていました。引越しも手配済みで、家族からの強い希望もあり契約書に押印しましたが、予定していた毎月の返済額11万円から13万円になってしまいました。ここでAさんの予定していた金利と実際の金利について検証してみましょう。

・住宅ローン条件
借入金額:3,000万円
借入期間:35年
返済方式:元利均等返済
ボーナス返済:無し

・申し込み時の金利(2006年7月時点)
予定金利:2.8%
毎月返済額:112,132円
支払総額:約4,700万円

・借り入れ時の金利(2007年5月時点)
確定金利:3.8%
毎月返済額:129,257円
支払総額 約5,420万円

5,420万円-4,700万円=720万円
なんと!35年間の利息払い額が約720万円も違います!
『この物件価格なら大丈夫』と考えていても、実際は金利が1%変動するだけで大きく資金計画が狂うことになります!!

不動産購入にはきちんとした資金計画の見通しが必要です。

住宅ローンは「申し込む」時点と「借り入れる」時点での金利が異なることが一般的です。住宅ローンは借り入れる時点で金利が変わる危険性があります。これを知らずに売買契約を済ませただけで安心しているとAさんのような失敗をしてしまいます。住宅を購入する際に引渡しまでに時間がかかる場合は、特に金利の変動に注意が必要です。

■住宅ローンを組む際のポイント
・ 住宅ローンの金利は「申込み時点の金利で借り入れができる」かどうかを確認しましょう。
・ 住宅ローンを実際に借り入れる数ヶ月前に金利をチェックするともに借り入れ先を見直してみましょう。

借り入れが完了するまではインターネット等を活用して最新の金利の動向をチェックし、必要があれば再度住宅ローンを検討して見直しましょう。特に住宅ローンの金利はその後の生活に多くの影響を与える事となるので、借り入れの際は常にチェックをしておくことが重要です。

パティーナでは購入後まで見据えた資金計画のご提案を行っております。

ご興味がございましたら、気軽にお声掛けくださいませ。

○関連記事・コラム



以上、本日のコラムでは『こんなに差が出る…住宅ローンの失敗例』をご紹介させていただきました。
明日も中古住宅や中古マンションなど不動産探しでお役にたつコラムを紹介させていただきます。
岡崎・豊田・安城など西三河上リアで中古戸建や中古マンションなど不動産購入をお考えの際は、パティーナまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

【土地・戸建て・マンション】学区別・物件情報はコチラから


★☆新着物件情報はコチラから☆★


***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」(ご利用は無料です)

■資産となる家を真剣に考えるセミナー

来店予約キャンペーン

登録日 : 2018/01/12